PRO-CAD FUTUREの開発元 SHINTECH, Inc. シンテック株式会社 -CAD/CAM Group-

FUTURE 2018・S/F FUTURE 2018

概要
FUTURE 2018
汎用2次元CAD FUTURE 2018は、DOS版からWindows版と経て、ユーザーの意見をより反映 しながら進化し続けています。充実したCADコマンド群に加え、設計効率をアップ させる為のユーザー独自のカスタマイズ機能を多く備えています。 パラメトリックな部品(SVL)を作成する機能や図面情報を簡単にExcelへ抽出する ソフト(Pickly)なども付属し、お客様独自のスタイルを構築することができます。 更に、従来のCADの概念を越えアプリケーション・プラットフォームへと進化し、 CADアプリケーションの開発・展開を通して強力で実用性のあるソリューションを 提供します。
S/F FUTURE 2018
S/F FUTURE 2018は、S/Fライナー(ドッドウェル社・データロジック社)のF5データを読み込みます。 直接読み込みが可能なので、従来のDXFデータへの変換は不要です。

LinkIconバージョンアップ詳細情報はこちらから
機能ピックアップ
操作性の向上
FUTURE 2018は豊富なカスタマイズ機能を持ち、お客様のスタンスに合った画面構成や コマンドの並びを自由にカスタマイズできます。またV12からはコマンドライン入力 による実行やマウスの右クリックでのモード切替など使いやすさを追求しました。
オリジナルコマンド『SVL』の作成
FUTURE 2018ではSVL(Shintech Visual Language)というパラメトリックな部品を作成 する機能があります。一度作成すれば、あとは数値入力や必要な線分などを入力する だけで部品の描画ができます。 これは大変強力な機能で、図面を描画するのに必要な時間を大幅に短縮できます。 更にオリジナルのコマンドとして利用することができ、コマンドページ編集により 簡単にコマンドとして登録が可能です。
Pickly
Picklyは、CAD図面内のいろいろな情報を簡単な操作で抽出し、数値やテキストデー タとして利用できるように、そのデータを Excel の表へ貼り付けることが可能な ソフトです。CADデータはDXF、DWG、JWW、など様々な形式のデータを取り込むことが 可能で、指定した色、線種のもののみを取り出したり、記事だけを取り出したりと、 必要に応じた図面内の情報を取り出し、利用することが可能です。 (Microsoft Excelは、Microsoft社の製品です。)
豊富なコマンド群
FUTURE 2018は汎用CADとして多くの便利なコマンドを持っており、一つのコマンドでも モード切替によって様々な動作を行います。 右クリックでもモード切替が可能で、より簡単に切り替えることができるます。
コマンドは全てコマンドラインからも実行可能であり、テキストファイルで コマンドラインのキー割り当てを簡単に設定することができますので、 実行したいコマンドへのアクセスがスピーディーになります。
他CADとのデータ互換
FUTURE 2018は他CADとのデータ互換が可能です。右表を参照ください。
Professional
FUTURE 2014から作図支援機能を追加しました。
製品構成
(最新のバージョンはFUTURE 2018 ・ S/F FUTURE 2018)※FUTURE 2014からSlim版は廃止となりました。
機 能 Professional Standard
汎用コマンド 全て 全て
SVL作成 可能
100ステップまで可能
SVL実行 可能 可能
Pickly 付属 付属



PRO-CADのバージョンに対する対応表(PRO-CADはFUTURE 2018に統合されました)
PRO-CADバージョン FUTURE32バージョン
PRO-CAD8 sp(SVL作成機能付) FUTURE32 Ver11
PRO-CAD8 sp(SVL作成機能無) FUTURE32 Slim+ Ver11
PRO-CAD LT Ver2 FUTURE32 Slim Ver11
PRO-CAD LT FUTURE32 Ver11
PRO-CAD8 FUTURE32 Ver10
PRO-CAD98 FUTURE32 Ver9
PRO-CAD95 FUTURE32 Ver7

仕様
製品仕様
OS Windows7, Windows8.1, Windows10
※Ver2015以前はWindowsXP(SP3)以降 
CPU OSが推奨するスペック
メモリ OSが推奨するスペック
ハードディスク 20GB以上の空き容量
エクセル MS-Office2010以降(要相談)
※Ver2015はMS-Office2000 以降(Pickly使用時) 
デスクトップアプリ版に対応
2018年1月より発売されたストアアプリ版は未対応
内部演算精度 16桁倍精度演算
最大要素数 無制限 (全ステップUNDO/REDO可能)
作図領域 0.000001mm~10億km
画層数 1,000画層 (画層間のデータ転送可能)
座標系 32座標系設定可能
属性 色・16色, 線種・8種
要素検出方法 スナップ機能による端点、交点、要素、中点を検出可能
データ管理 部分図,ライブラリー,数は無制限
文字フォント 標準ベクトルフォント,各種TrueTypeフォント
カスタマイズ言語 SVL (Shintech Visual Language),Visual Basicサポート
入出力フォーマット DXF、DWG、JWC、JWW、SFC、P21 ・ オプション(CL)
形鋼データベース 各種標準形鋼の断面図,上下面図,側面図を自動作画